カテゴリ:
昨日の夜は初めてのセルビアの男の先生

写真からしたらかなりいかつい感じの方でしたが、話してみると
もう・・・なんというかとっても落ち着いた雰囲気の先生で・・・
今までの先生たちと時間の流れが違う気がしました(言いすぎ?

フリートークの中で、

「I have no confidence in speaking English. I have a lot of things to talk with you, but
I can't express  what I want to say」

(不完全な英語はお許しくださいね、皆様) 

と拙い言葉で伝えると、

「いいんだよ、あなたの出来る範囲で。
あなたが言いたいことを汲み取って理解し、
正しい表現を教えていくのが講師なのだから


と言っていただきました。
うん、勇気が出る言葉ですよね


私は時々思い返すようにしています、

なぜオンラインで英会話をやろうとしてるのかを

 

余談ですが、
かつて子ども達がまだまだ小さかったころ、私自身が高熱で寝込んだんですよ。
家の中はぐっちゃぐちゃ、子どもの事も放ったらかし。
心配した実家の母が「手伝いに行ってあげるわ」と言ってくれたのですが・・・

なんと私は、しんどい体に鞭打って


母が来る前に
家の中をすっかりきれいに掃除したのでした。。



そう・・・あんまし弱味を見せたくないというか、
「出来ない自分」を見せたくないというか・・・



ああ、なんて厄介な性格



そう、この厄介な性格が災いして、
レッスン直前になって

「うまく英語が出てこないかもしれない・・・あぁ、レッスン受けたくな~~い

って気持ちになってキャンセルしたことも何度も



でも・・・・間違って当たり前 
 
だからこそオンラインで英会話を勉強することにしたんだと、
時々基本に立ち返って自分に言い聞かせるようにしています。
でないと・・・・またキャンセルしてしまーう 



それでも・・・自分に言い聞かせてるおかげで
本日はDMMとhanasoの2回、レッスンを受けることができました


ついさっき終了したhanasoのレッスン、
フィリピンがものすごい雨でconnectionの状態がよくなくて、何度も何度も回線が切断
それは非常に残念でしたが・・・

先生はとてもよい先生でした


私はどのレッスンでも、先生に「なんで英会話の勉強をするの?」と聞かれると、
いつもこう答えます。


次男が自閉症で、彼はイギリスに行くことが夢なんです
彼が行くときに通訳&ヘルパーとして、私も一緒に行きたいんです」
 


わが子をネタにするのは彼には申し訳ないことですが、
この内容で話がものすごく膨らんで、会話が進むことが多いんですね。

今日の先生にも同じ事を伝えると、

「My eldest son is autistic, too!」
(autistic=自閉症の)

と、What a coincidence!な答えが返ってきました(笑)
それからは子ども達の話で盛り上がり・・・
いざテキストに沿ったレッスンを始めてみると、terrible weatherのせいで通信不能状態になり


でも次回のレッスンのときは、
絵を描くことが大好きだという息子さんの描いた絵を、見せていただくことになりました
早速来週の土曜日、
同じ先生のレッスンを予約しましたよ


Jul. 25, 2015  22:40


↓ ボチッとしていただけると喜びます

 



語学 ブログランキングへ

がんばる主婦 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(主婦)へ
にほんブログ村